トップページ 団の紹介 入団のお誘い 指導者紹介 定期演奏会 リンク集 その他
団員ページ

指導者紹介


粂原裕介 指揮者

 
武蔵野音楽大学、同大学院で声楽を専攻したのち、東京音楽大学指揮科を卒業。東京二期会、日生劇場などのプロダクションでアシスタントを務め、平成29年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてイタリアに留学、ミラノ・ジュゼッペヴェルディ音楽院修了。 2016年、第2回黒海国際オペラ指揮者コンクール第2位入賞。 指揮法を広上 淳一、汐澤安彦、時任康文、北原幸男、Sergio Oliva、Donato Renzetti、Vittorio Parisiの各氏に師事。 2013年イタリア、オルヴィエートのマンチネッリ歌劇場で『フィガロの結婚』を指揮してイタリアデビュー。2017年、ルーマニア国立歌劇場(コンスタンツァ)でヴェルディ『リゴレット』を指揮。2017年5月にミラノのオーケストラ、ポメリッジムジカーリ管弦楽団主催の指揮講習会において団員投票1位を獲得、その後数々のコンサートを共演し、同団2018–19年度シーズン定期演奏会に客演指揮者として登壇して好評を博した。 日本では2018年9月にオペラノヴェッラ主催『愛の妙薬』でオペラデビュー。声楽作品を得意としながら、管弦楽作品のレパートリーも広げている。 国立音楽大学大学院非常勤講師。

新居美穂 ピアニスト

 
上野学園大学音楽学部器楽学科卒業。同大学卒業演奏会出演。石橋メモリアルホール記念コンサート出演。中村紘子公開レッスンオーディションに合格し演奏する。小林孝子、菊池有恒、山本都各氏に師事。現在、男声合唱団フロイデ、女声合唱団コールマイン、マイン男声、光が丘女声合唱団、鎌ケ谷女声合唱団、コールブランカ、混声合唱団さわやか、かしわ歌声の会、松戸歌声サロン、つくしが丘ふるさと童謡の会の伴奏を務めるほか、「ステッラ・ミーオ」として連弾演奏や、ヴアイオリン、ヴイオラ、ピアノによるトリオ「プレアデスハーモニー」、女性ユニットアンサンブル「マーベラスチューン」のピアニストとして演奏活動を行っている。柏市音楽家協会会員。

川井 敬子 ピアニスト

 
桐朋女子高校音楽科を経て、同大学を卒業後渡米。インディアナ州立大学音楽学部に入学。イリノイ州カンカッキーコンペティションにて第2位入賞。学内での6度のリサイタルを終え、アーティスト・ディプロマコースを修了。帰国後、日本演奏連盟主催によるオーディションに合格し、同主催「えんれんコンサート」に出演。第9回ピティナ・ピアノ・コンペティション特級において銅賞受賞。これまでに6度のリサイタルを開催する等ソロ活動の他、合唱・器楽の伴奏、録音等で幅広く演奏活動中。上野久子、故井口愛子、故ジョルジュ・シェボック、メナハム・プレスラー各氏に師事。柏市音楽家協会会員。

近藤大介  団内指導者


東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。在学中、ワグネル・ソサィエティー男声合唱団に在籍。宮崎・フルトン男声合唱団、岩手・男声合唱団コールMを経て、2011年4月に男声合唱団フロイデに入団。2012年9月より団内指揮者を務める。指揮を須賀敬一氏に師事。フロイデのほか、混声合唱団Melting Potでも指揮者を務める。